ねこおきば

なにかをかきます

最近聴いている曲2018年7月の部 その2

おはねこ!

前回風邪を引いたと書いたんですがまだ風邪を引きずっています。

これじゃおはねこじゃなくおはげほですね

   ↑

  (゚Д゚)ハァ?

 

・冬へと走りだすお! / でんぱ組.inc

作詞 : かせきさいだぁ 作曲 : 木暮晋也

収録 : シングル『W.W.D / 冬へと走りだすお!』アルバム『WORLD WIDE DEMPA』『WWDBEST ~電波良好!~

冬へと走りだすお!

冬へと走りだすお!

  • provided courtesy of iTunes

夏に夏の曲聴くとクソ暑くないですか????

ギターで作られた場にオルガンが楽しく鳴ってることで独自のノリのポップさが出ていてめっちゃすき

ただギターもBメロのちょっと落ちて聴かせてくるところでしっとりさを出してきて気が抜けないんですよね 音構成がめちゃくちゃ良い

サビでドラムの強い裏打ちが入って賑やかになって走り出していく感じがめちゃくちゃに良い 構成音は変わらずに走り出していくところがちょっとミニマルでかわいい感じ出ててそこもまた良いですね

全体的に構成がめっちゃ良くて4分17秒ほどあるのにサクっと聴いてしまったような気持ちになります

 

・Hello No buddy / callme

作詞作曲 : Mimori Tominaga

収録 : シングル『Hello No buddy』アルバム『Please callme! -20152018- (配信のみ)』

Hello No buddy

Hello No buddy

  • provided courtesy of iTunes


 

(AppleMusicより)

音作りがちょっとエイベっぽいな~って思ったらエイベのアーティストだった

生々しさがあるギターとにゅわにゅわしたシンセと固めの8bitが絡むインストに加工強めのボーカルがスッと入ってきて聴きやすいチルアウトな曲になってます

ボーカル三人いるみたいですけどボーカルが重なるときすごくキレイに響きますしボーカルを重ねるタイミングがいい感じでよかったです

 

・あの娘に1ミリでもちょっかいかけたら殺す / 銀杏BOYZ

作詞作曲 : 峯田和伸

収録 : 『君と僕の第三次世界大戦的恋愛革命

(AppleMusicより)

2018年になって銀杏BOYZ初めて聴いてビビってる

パンクロック自体そんな聴いてこなかったんですが生々しさの圧にビビりました 強い歌詞に強い音が来る

サビ「君のパパを殺したい 君のパパを殺したい」で一度ゆっくりになるのが青臭さマシマシで強いっすね…

銀杏BOYZ、深夜に聴いてたら自律神経狂いそうになりません?

 

・September / Earth, Wind & Fire

作曲 : Maurice White/Allee Willis/Al Mckay

収録 : 『The Best Of Earth, Wind & Fire, Vol.1

前々から聴いてる曲ではあったんですが作曲家の田中秀和さんが影響受けてると言ってらしたたそうなので最近ライブラリから引っ張り出してまたちょくちょく聴いています

EW&F、今更語ることでもないんですけどグルーヴ感がすごいっすよね…そりゃそうなんですけど

ノリが良く静止して聴くのが難しいので電車とかで聴くのは避けています

 

・U.S.A. / DA PUMP

作詞 : CIRELLI DONATELLA, LOMBARDONI SEVERINO 日本語詞 : shungo. 作曲 :  ACCATINO CLAUDIO, GIOCO ANNA MARIA, CIRELLI DONATELLA

収録 : 『U.S.A.

U.S.A.

U.S.A.

  • provided courtesy of iTunes

話題にするのが遅いそれはそう

初めて聴いたとき2018年にユーロビート持ってきたのなんでなんじゃろとか思ってたら世の中で流行っているみたいで時勢はよくわかりませんね

あと2018年リリース曲なので録音とかマスタリングがよく音が綺麗になってて音が綺麗に聞こえるユーロビート逆に新鮮なところありました

 


終わりだよ~

そういえば今週金曜(7/20)に金曜ロードショー細田守監督『時をかける少女』を流すみたいですね

好きな作品なので観ようかなと思ったんですがその日はナナシス日本武道館だったので無理っぽくて少し悲しみがあります BD買おうかな

ナナシス新アルバム『THE STRAIGHT LIGHT』、聴きこんでいますが良譜ですね…「プレシャス・セトラ」を現地で聴くのが楽しみです