ねこおきば

なにかをかきます

最近聴いている曲2020年11月の部 その3

おはねこ!

11月は…小の月!!!!!!!!!!!

 

ルシオン - ASTRAM (鈴代紗弓, 内山茉莉)

作詞・作曲・編曲:Pa's Lam System

収録:『イルシオン』(2020) (※配信のみ)

イルシオン

イルシオン

  • ASTRAM
  • J-Pop
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

(AppleMusicより)

音楽と物語がクロスフェードするサウンドプロジェクト『AKROGLAM(アクログラム)』の楽曲です。

エッジの効いたシンセサウンドが…すごい!!!!

Pa's Lam Systemさんは第一線で活躍されているトラックメーカーさんですが、やっぱりサウンドバチバチに良いことを感じますし、またデュオの歌唱をこうしたサウンドに乗せていく、ということにも面白さがあるように思えます。

詞もまた、

1A「ぱっときらめくネオンライト(o) 綺麗な星空模様(o)(ou)

ちょっと苦いチョコのよう(ou)な 夜に溶けてしまいそう(ou)だ」

といった押韻に、「霞んだ日のレクエルド」「9次元を超える世界へ」といった言葉選びもまた素敵です。

アウトロでまたバキバキのシンセリフが飛んでくるかと思いきや、コーラスインからの新メロを歌うところ、めちゃすごいサウンドを用意するけどやっぱり歌唱者を前に出していくコンテンツなのだな、と思わされました。

デュオのヴォーカルチームが競い合う『AKROGLAM』、今後も期待できそうですね……!!

 

シャノワール - シュガーポケッツ (早瀬雪未, 広瀬世華, 赤尾ひかる)

作詞・作曲・編曲:萩 龍一

収録:『START the MAGIC HOUR』(2020)

シャノワール

シャノワール

  • シュガーポケッツ
  • アニメ
  • ¥255
  • provided courtesy of iTunes

(AppleMusicあり)

君に恋した私は────────────

魔法×アイドルがテーマのメディアミックスプロジェクト『ラピスリライツ』の楽曲です。

サビ「君に恋した私はシャノワール そうなんでも願いを叶えましょう」

ふむ…

「二人で眠って 夢で待ち合わせ」

ふむ……

「路地裏へ迷い込んで(ダンッ!ダダンダンダダンッ!)」←ア!!!!!!!!!!

4つ打ちにカッティングが気持ち良すぎる……。

音数も多くて多幸です。Aメロの歌唱3人それぞれソロパートあるとこを構成楽器で雰囲気変えるのめちゃうますぎる……。

そうした中にサビでオカズというかフィルインねじこんでくるのスゴ……。作曲の手数多いっすね……。

メアリーベリーたむ……萌え!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

1A「もうほっといてよ こっち向かないで

今日の気分 晴れのち曇り

そうきっと君ッ↑じゃなければ 多分これまでだよね?

↑守護…………………………………………………………………………………

 

Milky Star - 水瀬いのり

作詞:分島花音 作曲:カヨコ 編曲:千葉"naotyu-"直樹

収録:『Rejet Sound Collection vol. 3 MY LINK』(2016)

(配信なし)

www.youtube.com

声優の水瀬いのりさんの楽曲です。

Rejetより発売されているシチュエーションCD『√HAPPY+SUGAR=IDOL』主題歌です。

PVの水瀬いのりさんが……雰囲気なつい!!

浮遊感のあるディスコファンクなサウンド水瀬いのりさんのハッキリとした歌声が夜空の星のようにめちゃ映えて素敵です。

ハッキリした歌声のなかにあるかわいさが、

サビ頭「甘い甘いMilky Way 光る星のスピカ」

で爆発する感じめちゃくちゃ好きです。

アーティストデビューしたら売れるだろうな~~!!(そうだね)

 

ユウランセン - 入野自由

作詞・作曲:Mega Shinnosuke 編曲:Mega Shinnosuke, Naoki Itai

収録:『Life is...』(2020)

ユウランセン

ユウランセン

  • provided courtesy of iTunes

声優の入野自由さんの楽曲です。

メロウで落ち着いた雰囲気に溶かされるような楽曲です。

サビで「君の中で 日々の中で 僕の中で 夢の中で」と、主メロがeの音で連続した押韻を行う中で鳴り響くカッティングギターがオシャレかつクールでとても素敵です。

もしこの楽曲のイントロとサビにカッティングギターが入ってなかったら雰囲気全然違ったと思います。雰囲気締まってるんですよね……。

というか1B「地下道」→「微多忙」、「猶予(1A)」→「偶像」→「躊躇」といった押韻もめちゃ綺麗ですごいです。

入野自由さんの歌声も素晴らしく、コーラスと主メロが綺麗に混じるBメロ・サビはとても美しいです。声が優れている……。

作詞・作曲・共編曲のMega Shinnosukeさんは2000年生まれの20歳だそうです。え~!
他提供曲に

私立恵比寿中学「踊るロクデナシ」があります。

 

Joker (M@STER VERSION) - 松永涼 (千菅春香), 大和亜季 (村中知), 中野有香 (下地紫野), 姫川友紀 (杜野まこ), 前川みく (高森奈津美)

作詞:渡部紫緒 作曲・編曲:田中秀和 (MONACA)

Guitar・Bass:安藤河音 Drums:髭白健

Piano:sugarbeans Other Instruments & Programming:田中秀和(MONACA)

収録:『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER GOLD RUSH! 03』(2020)

Joker (M@STER VERSION)

Joker (M@STER VERSION)

  • provided courtesy of iTunes

アイドルマスターシンデレラガールズの楽曲です。

ジャジーで大人の雰囲気ただようバンドサウンドの楽曲です。

サビで…半テンポ!!!!

半テンポになりながら重いノリをつくりつつ「匂わすI LOVE YOU」でコードが上昇クリシェして元のテンポに戻るのマジで良すぎる!!!!!

やっぱ田中秀和さんなんだよな~~!!!!!!!(大声)(Caug)

あと2サビが……ない!!!!!!

アイドルの曲なのにサビなくしていいんだ…。

ただでさえジャジーな曲で複雑なコードが多いのに構成も複雑で大変なことになっています。間奏非常に大変ですね……。

いややっぱ田中秀和さんすごいな~~と改めて思わされる楽曲でした……。

あと前川みくさん(CV:高森奈津美さん)のお声がすごいな~と改めて感じました。ジャジーに展開された楽曲のサビラストに「ズキズキさせ~~~て~~~~」とあの声で歌ってサマになるって技術すごくないですか!?!?!?!?

こうした曲だからこそクセのあるカワイイ系のお声が映える、というのもあるかもしれませんが、「Joker」の高森奈津美さん、声優さんとしてすごいな~…という気持ちです。


終わりだよ~

最近、和山やま先生の漫画作品『カラオケ行こ!』を読みました。めちゃ良……。

カラオケ行こ! (ビームコミックス)

カラオケ行こ! (ビームコミックス)

 

なんで読んだんだっけ…?フォロワーさんがほめてたかもしれない。

森丘中学校合唱部の部長・岡聡実が、突然四代目祭林組の若頭補佐・成田狂児に誘われカラオケに行ったことから展開されるハートフルストーリー。歌がうまくなりたいという狂児と、狂児に歌のレッスンをすることになった聡実の奇妙な友情が描かれる。

「カラオケ行こ!」特集 和山やま×江口夏実対談 - コミックナタリー 特集・インタビューより引用 

https://natalie.mu/comic/pp/karaoke

合唱部の中学生男子がヤクザの若頭に歌のレッスンをすることになってしまう……というストーリーです。

全体的なノリはBL、というよりかブロマンスに近い感じです。

展開はゆるい雰囲気から中学生特有の思春期的な青い話、ヤクザがらみのヒヤりとする話へと色々ヌルりと展開していく構造で面白かったです。

絵にアナログ手書きっぽさがあるからか、変わった設定ですが話がスッと入ってきましたね。

この作品で特に魅力的だったところに、「登場人物の所作の描写が非常に細かい」というところがあります。

いやマジで細かいんですよ動作の描き方が、下に試し読みできるサイトのURL貼るんで試し読みだけでもしてみてくださいマジに。

本当に細かいので「このキャラがこういうことをしている→こういう気持ちになっている」といった読み取りがすごく可能なんですよね。小説的な描写とでも言ったほうが良いのでしょうか……??

そのおかげでキャラクターが本当に良い意味で卑近に感じます。作品に引き込まれます!!!!!

漫画『カラオケ行こ!』はbookwalkerでちょっと試し読みできるのでピンときたら読んでください!!!!

bookwalker.jp

カラオケ行こ! (ビームコミックス)

カラオケ行こ! (ビームコミックス)

 

『カラオケ行こ!』、あんまり良かったので同じ和山やま先生の漫画作品である『夢中さ、きみに』『女の園の星(1巻)』も読みましたよ!!

『夢中さ、きみに』は『カラオケ行こ!』以前の作品で、『女の園の星』は以後の作品なのですが、どちらも和山やま作品の魅力として前述した「登場人物の所作の描写が非常に細かい」ことが活かされていて、ギャグの要素が強めな『女の園の星』はそうした描写があるからこそのギャグの映え、というものがあって非常に面白かったです!!!!

『夢中さ、きみに』も『女の園の星』もbookwalkerで試し読みできるので気になりましたらぜひ試し読みしてみてくださいね!!!!(ぼくはkindleで買って読みました)

bookwalker.jp

三作品とも素敵な作品でした!なにとぞよろしくお願いします…!(無関係)

カラオケ行こ! (ビームコミックス)

カラオケ行こ! (ビームコミックス)

 
夢中さ、きみに。 (ビームコミックス)

夢中さ、きみに。 (ビームコミックス)

 

和山やま先生、こういうメガネかけた男の人好きなのかな……?