ねこおきば

なにかをかきます

最近聴いている曲2018年8月の部 その1

おはねこ!

帰省とかしてたら一か月ほど無更新でした。

風邪は治りました。風邪が長引いてたというか風邪の咳のせいで喉が傷ついてそれでゲホついてたのを勘違いしてたっぽいんですけど

みんなカゼには気をつけようね 台風きてるしね

 

・Sweat & Tears / Pyxis

作詞 : 渡部紫緒 作曲 : 金崎真士

収録 : 『Pop-up Dream

Sweat&Tears

Sweat&Tears

  • provided courtesy of iTunes

 (AppleMusicあり)

夏はやっぱり声優歌唱のシンセレゲエですね 夏もう終わるけど

そのままシンセドラム的なビートと生音に寄り気味のビートが混じってるのが好きです

サビのねぇキミが~\フッフー/がすきというか伊藤美来さんの「キミ」の言い方がすき

作曲の金崎真士さん、ラブライブサンシャイン『Strawberry Trapper』『ときめき分類学』の人でビビってます

 

・宣誓センセーション / KiRaRe (牧野天音, 鬼頭明里, 田澤茉純, 立花芽恵夢, 岩橋由佳, 空見ゆき)

作詞 : 高瀬愛虹 作曲 : 伊藤翼

収録 : 『宣誓センセーション

宣誓センセーション

宣誓センセーション

  • KiRaRe
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes


【Re:ステージ!】12月20日発売4thシングル「宣誓センセーション/KiRaRe」試聴動画

(AppleMusicあり)

最初のラップ調の始まりからずっとかっ飛ばして進むしマジで最高

メディアミックス作品『Re:ステージ!』(通称リステ)より。

リステの伊藤翼さんの楽曲は耳に引っかかるようなフレーズが多いような気がしてるんですけどこの曲はほんとに引っかかりアンド引っかかりにさらに引っかかりの引っかかりマシマシって感じで多幸すらあるんですよね 逆にここまで引っかかり作れる?って感じ

最初のとこがすき~って書きましたけど楽曲本編がめちゃくちゃやってるからあそこでしっかりリスナーの首根っこを押さえる意味があるのかなあとこれ書いていて思いました

 

イプシロン進化論 / Adhara (田中美海, 野口瑠璃子, 西田望見, 飯田里穂, 三上枝織, 新田ひより, 吉田有里)

作詞 : 唐沢美帆 作曲 : 山上智

収録 : 『イプシロン進化論

イプシロン進化論

イプシロン進化論

  • provided courtesy of iTunes

温泉地擬人化コンテンツ『温泉むすめ』より。

アニソンライズされたシンフォニックメタルって感じです

イントロの同音連打シンセでめちゃくちゃ笑った こういうやつがほしかった

"破壊と再生を繰り返して磨かれていく魂"とかキメキメな歌詞を並べつつ入るサビ「超えて超えて超えて その先へ」が一周回ってめっっっっちゃカッコいい

サビラストの歌詞は

Run away, so run away

- Evolution -

 でもうなんかすごい。「- Evolution -」って。ここまで直球でやられると完全にお手上げ侍

音楽ジャンル自体からの影響もあるんでしょうけどこの楽曲の精神性がかなり好きです

あと温泉むすめはジャケの絵がかわいいよね

 

・ひまわりのストーリー / Le☆S☆Ca (吉井彩実, 藤田茜, 植田ひかる)

作詞 : SATSUKI-UPDATE 作曲 : Hiramy

収録 : 『THE STRAIGHT LIGHT

ひまわりのストーリー

ひまわりのストーリー

  • provided courtesy of iTunes

むせかえるような夏の匂いにむせる

アプリゲーム『Tokyo 7th シスターズ』より。

シンセのストリングスの使い方が良くてキレイに響いてるし生音じゃなくシンセのストリングスを使ってるからこその"音の薄さ"がある種の儚さを抱いているように聴こえてめちゃくちゃ良いと思う 『THE STRAIGHT LIGHT』はHiramyさんの曲が多かった(『プレシャス・セトラ』『14歳のサマーソーダ』『ひまわりのストーリー』)ですがどれもぶっ刺さってますね…。

詞も好きすぎる…Le☆S☆Ca曲は前々から詞が爽やかさがあったんですが今回は爽やかさの中に寂しさ切なさがあって本当に良い 「大人になんかなるなよだって」がひと夏のボーイミーツガール感強くてすき……

ナナシス武道館、最の高だったしブログ記事も下書きしてはいるんですが未だ仕上がらずにいます。幕張行きたいですね……。

Le☆S☆Ca ひまわりのストーリー 歌詞

 

・New Stranger / sora tob sakana

作詞 作曲 : 照井順政

収録 : 『New Stranger』 

New Stranger

New Stranger

  • provided courtesy of iTunes


(AppleMusicあり) 

アニメ『ハイスコアガール』OP曲。

ポストロックとエレクトロが融合したような音楽性を持つ「sora tob sakana」は前から『sora tob sakana(アルバム)』とか聴いてて好きだったんですけど最近メジャーデビューして今回アニメタイアップということで躍進っすね

ちなみに作曲を手掛けている照井順政さんはハイスイノナサというバンドをやっていたりあとアニメ「宝石の国」OP曲『鏡面の波』の作曲などもされています。

エッジ効きすぎなギターから始まるイントロからポストロック由来のリズム崩しがちなメロが広がり脳みそぐちゃぐちゃにされてるとこにぶち込まれるサビの「「「「高く弾くコイン表と裏」」」」が本当に強すぎる この曲にぶん殴られてsora tob sakana気になりだしてる人間を三人は見た

ハイスコアガールED曲のやくしまるえつこ『放課後ディストラクション』が原作漫画の作者に絶賛されてて「他のミュージシャンに託さなくて本当に良かった。」とまで言われてた*1のですがこの『New Stranger』もよくここまで作品に寄せたよなと思います ポストロック的なノリがこの作品にここまで合う/合わせられるのだなと驚きました

sora tob sakanaはアイドルグループなので歌の声質がちょっと未完成というか幼さ・若さがあるんですがその幼さ・若さによる音の細さがときおり繊細な心の動きを見せてくる「ハイスコアガール」に合っているように思えてすごく良いです

Youtubeに公式でアニメOP映像が上がってたので1分30秒の尺でも一度聴いてみてほしさ アウトロのやりとりほほえましくてすき


TVアニメ「ハイスコアガール」OP映像_sora tob sakana/New Stranger

 


終わりだよ~

ブログ久々に書いたらいつもの書きルーティン忘れてましたね

アニメ『プラネット・ウィズ』をちまちま観てるんですが面白いです

漫画家の水上悟志先生が書いたネームを元に作られているそうなんですが前から水上悟志先生の『惑星(ほし)のさみだれ』という漫画が好きで今回の『プラネット・ウィズ』にもそのテイストがにじみ出ていて楽しんで観ています

本編の主人公が住む部屋に『惑星のさみだれ』 のヒロインのフィギュアが出てきてちょっとおっってなりましたね 惑星のさみだれマジで面白いんで読んでください

惑星のさみだれ』はアニメ化の話が持ち上がったけど本編が佳境だったので話が流れたそうなんですが『プラネット・ウィズ』が当たったらもう一回アニメ化の話が立ち上がったりしないかな~と少し願っています 未だにそう願うくらいにはすきだし面白かったです

惑星のさみだれマジで面白いんで読んでください