ねこおきば

なにかをかきます

エモい感じのキャラソン10選

 エモいは、英語の「emotional」を由来とした、「感情が動かされた状態」[1]、「感情が高まって強く訴えかける心の動き」[2]などを意味する日本語形容詞。感情が揺さぶられたときや、気持ちをストレートに表現できないとき[1]、「うまく説明できないけど、良い」とき[3]などに用いられる。

エモい - Wikipedia

※歌詞への言及が多いものに歌詞掲載サイトへのリンクを追加しました 

 

 

 

・Still Still Still / 四ノ宮那月 (谷山紀章) & 一ノ瀬トキヤ (宮野真守)

作詞 : RUCCA 作曲 : 藤間仁 (Elements Garden)

Still Still Still

Still Still Still

  • provided courtesy of iTunes

作品 : うたの☆プリンスさまっ♪ 

収録 : 『うたの☆プリンスさまっ♪ シャッフルユニットCD 那月 & トキヤ』

一曲目から強すぎる気がしたけどやっぱStill Still Stillは挙げとかなきゃダメかなって…

別れた彼女のことが今も忘れられてない人の曲です 題からしてまだ・まだ・まだ なんですが

Aメロの「風でめくれてくアルバムは まるで僕らのショートフィルム」で映像のイメージを思い起こさせてBメロで「桜の坂で二人乗りしたね」「海で花火観てKissをした」を持ってくるのがズルい

1番Bメロで「春」と「夏」の思い出を歌って2番のBメロでも「秋」「冬」のそれを歌っているのですがその後のサビで「四季は何も もう要らないのに」が来るのがほんとな つれえわやっぱ

サビの下ハモりがめっちゃ綺麗なんですけど失恋ソングで"複数本ボーカルが必要である"ハモりが綺麗なのがちょっと考えてしまいますね

2番Aメロ「"今以上綺麗には ならないでなんてエゴだよね"」が ど、独占欲~~~~~!!!!!!!未練~~~~~~~!!!!!!!って感じなんですがこのパートがあるおかげでキレイすぎる歌詞になってないように思えて好きです

「これから君が出逢うその全て 輝きで溢れますように」、良さ あとの歌詞もまた良い

音の作りも主張あまりないように見えて彩り、アクセントの添え方が美しいですね

試聴動画公開時から評価が高くて発売日のオリコンデイリー1位、オリコンウィークリー2位を獲得しています

あとやっぱり谷山紀章宮野真守もめっちゃ歌がうまい 秒速5センチィィイイイ↑↑↑↑が好きだし上手いし強い

Still Still Still 四ノ宮那月(CV.谷山紀章)/一ノ瀬トキヤ(CV.宮野真守) - 歌詞タイム

 

・SAKURA / WITCH NUMBER 4 (篠田みなみ, 加隈亜衣, 中島唯, 井澤詩織)

作詞 : SATSUKI-UPDATE 作曲 : Ken Ito

SAKURA

SAKURA

  • provided courtesy of iTunes

作品 : Tokyo 7th シスターズ

収録 : 『H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!』

初恋を今も忘れられずにいる人の歌なんですけどしんどい

街を行き交う人波 早くまぎれたくて

去年の春に試したハイヒール

(引用『SAKURA』 作詞 : SATSUKI-UPDATE)

2番Aメロのこの歌詞がめちゃくちゃしんどい 「履いた」じゃなくて「試した」なとことかめっちゃしんどい

「夢見草(桜の別名)舞う夜」に「エンディング」迎えてて「あの並木道 今年も色づきはじめる」ので失恋したの去年の春っぽいんですが「人波にまぎれたい」がどういう意味を持つのか考えるだけでめっちゃしんどい

「この願いが穢れていても」ってアイドルに「穢れて」って歌わせるのアリなん?って思ってたらTokyo 7th シスターズ COMPLETE MUSIC FILE(ナナシスの音楽についての公式本)のインタビューで穢れてって入れてもいいのかどうか云々ってくだりがあってなるほどと思った でも「穢れて」が入ることで方向がハッキリして良かったと思う

歌詞に直接的な描写はあまりないんですがそれがより重く思えます

Cメロの角森ロナ (加隈亜衣)のソロがすき 切ないというかしんどい

さっきから何度も言ってるように歌詞がめちゃくちゃしんどいんですがインストはテンポよさげなテクノポップなんですよね そのコントラストが余計に歌詞のしんどさを強く感じさせてきます サビの「ナキタクナッテ」が音楽的にはいい感じなんですが歌詞的には全然よくねえよってなる

ナナシス(Tokyo 7th シスターズ)ファン内での楽曲人気も高く、三周年記念の楽曲投票では高クオリティの楽曲が多い中で1位となっています (2017年の年末での投票は3位)

SAKURA WITCH NUMBER 4 - 歌詞タイム

 

ススメ→トゥモロウ高坂穂乃果 (新田恵海), 南ことり (内田彩), 園田海未 (三森すずこ)

作詞 : 畑亜貴 作曲 : 河田貴央

ススメ→トゥモロウ

ススメ→トゥモロウ

  • provided courtesy of iTunes

作品 : ラブライブ!

収録 : シングル『ススメ→トゥモロウ / START:DASH!!』アルバム『μ's Best Album Best Live! collection II』※ベストアルバムに入ってる音源はマスタリングされなおされてるっぽくて音がいいそうです

だって可能性感じたんだよな………

イントロのLet's GO! のあたりでブラスが鳴ってるのがファンファーレっぽくてすき

高坂穂乃果 (新田恵海), 南ことり (内田彩), 園田海未 (三森すずこ)の歌声のタイプが全然違うのが良くて1番Bメロで南ことり (内田彩)が入ってくるとこが曲調もそうなんですけど高坂穂乃果 (新田恵海))が一人で歌っていたAメロから意識ガラっと変えられて良い

サビ頭がドラムの四つ打ちになるのがめちゃくちゃエモいと思う 前に進んでいく感じがすごい というか前編通してドラムがエモい

あとCメロが構成楽器こそ似通ってるものの雰囲気全然違うのが"進んだ先の結果"っぽくて良い

ラブライブのエモっぽい曲『Love marginal』『Snow halation』とかありますけどしっとりしてないエモさを挙げときたくてこれ選びました

でも車道で踊ったらダメだと思う なんだったんあれ

 

・走れメロンパン / 山形まり花 (日高里菜), 和泉一舞 (津田美波)

作詞 作曲 : ササキトモコ 

走れメロンパン

走れメロンパン

  • 日向美ビタースイーツ♪
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作品 : ひなビタ♪

収録 : 『BITTER SWEET GIRLS!』

わたしが男の子だったら君に告白とかするのかなっ?

いいえキスするだけじゃ足りないんだもんもっと永遠の気持ちだよっ

(引用『走れメロンパン』作詞 : ササキトモコ)

つよいわ ササキトモコ氏を信じろ

アコギいいよね…いい… ちょくちょく変わるコードが走るような感じを、音色が青春っぽさを感じます

明らかにシンセなストリングスがかわいいというか少しオシャレな印象を受けます

オーダーが「リアルな女子高生の日常を書いてほしい」(参照 :ごらトモ ひなビタ♪走れメロンパン)だったみたいですがハモりから妙にリアルさがあるというか同じ立ち位置にいる人間同士感があってすきです

「時は残酷に過ぎていくよ」でウッってなる

 

・こころメッセージ / 滝本ひふみ (山口愛)

作詞 作曲 : Motokiyo

こころメッセージ

こころメッセージ

  • 滝本ひふみ(CV:山口愛)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作品 : NEW GAME!!

収録 : 『NEW GAME!! キャラクターソングCDシリーズ VOCAL STAGE 2』

ローテンポなバラード曲。滝本ひふみっぽい

サビ最初の「こころ」がアウフタクト(小節の初めからフレーズが始まっていない)なのすき 前に進んでいこうって印象を受けてすき

「精一杯の言葉でつぶやくよ」がめっちゃ滝本ひふみ

作曲のMotokiyoさんが三者三葉ED『ぐーちょきパレード』、だがしかしOP『OH MY シュガーフィーリング!!』と同じなのちょっとビビる

 

・オレンジ / 逢坂大河 (釘宮理恵), 櫛枝実乃梨 (堀江由衣), 川嶋亜美 (喜多村英梨)

作詞 : 渡邊亜希子 作曲 : Funta3

作品 : とらドラ!

収録 : シングル『オレンジ』アルバム『「とらドラ!」BEST ALBUM「√HAPPYEND』

最初のシンセが不穏ですき

サビの歌詞でAメロBメロの詩が補強されるのがすき

「私みたいで残せないから」が切なさある

ギターだけだとたぶんよくあるアコースティックな曲に仕上がったと思うんですがシンセとか入ってるせいでちょっとかわいいというかポップになってるなぁと 

最後「好きだよ」で終わるのが若干救いがあってすき

 

・Blooming Star / 詩花 (高橋李依)

作詞 : 霜月はるか 作曲 : BNSI (椎名豪)

 

作品 : アイドルマスター ステラステージ

収録 : 『THE IDOLM@STER STELLA MASTER 00 ToP!!!!!!!!!!!!!』

フル尺 : 6分14秒。

壮大な曲に定評のある椎名豪氏の曲でめっちゃ壮大になる

Aメロ→BメロやBメロ→サビ、ラスサビの一区切り→一区切り に歌詞・歌を引きずるというか引っ張るような構成がすきです (終わりが「けれど」「〇〇した」で引っ張られるような構成)

Bメロラスト「枝伸ばした」から壮大なサビになるのがすき

Aメロは穏やかなインストに寄り添うように歌うけどサビは曲に食らいつくように歌ってるのがほんとにすき こういう音楽表現は一般アーティスト曲だとそう聴けないのでキャラクターソング独特の音楽性なのかなと

 

作曲 : 椎名豪曲、「隣に…」「ALIVE」などと迷ったんですが試聴ができるという点でBlooming Starを選びました ALIVEを聴くたびに泣くので機会があったら聴いてほしいです

デレマス「こいかぜ」は殿堂入りみたいなとこある

テイルズオブレジェンディア「蛍火」いいよね…いい…

バンダイナムコを退社されたそうですが楽曲提供はしていくそうなので他の作品でも氏の楽曲を聴いてみたいものです

 

・プラリネ / ジュリア (寺川愛美)

作詞 : きみコ 作曲 : 佐々木淳

プラリネ

プラリネ

  • ジュリア (CV.愛美)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作品 : アイドルマスターミリオンライブ!

収録 : 『THE IDOLM@STER LIVE THE@TER HARMONY 04』

編曲はnano.RIPE。作詞の人も作曲の人もnano.RIPEの人です

「夢は夢として眠るときに見るものでしょう?」という否定の歌い出しから始まるのが良い スタートがそこから

nano.RIPE曲でもそうだけどきみコさんの作詞、似た構図の歌詞(「悲しくたって悔しくたって」→「嬉しくなって優しくなって」)を対比にするのがキレイだしすきだしラストのフレーズが前に出たフレーズの対比になってることでより輝いてるんですよね

この曲は特に歌詞の対比が多い気がしますがそういう構成にすることで1番と2番で成長・意識の変化を表してるのかなと

Cメロ「まだあたしにだって出来ることが星が降るよに光るよ」がすき 同じ構成繰り返してるのをここで崩すとことか「星が降るように」と「星が降る夜に」とかけてるところがすき 星が~はジュリア (寺川愛美)の前の曲「流星群」からかな

ジュリア(寺川愛美) プラリネ 歌詞

 

・メッセージ / THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS for BEST5! (渋谷凛, 安部菜々, 緒方智絵里, 島村卯月, 本田未央) ほか

作詞 : 遠藤フビト 作曲 : 滝澤俊輔

 

収録 : 『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER We're the friends!』 、『THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS ANIMATION PROJECT 01 Star!!』(歌唱者違い)

ストリングスアレンジと電子音が混じり合うインストがめっちゃ良い ピアノも良い

シングル表題曲『We're the friends!』 のカップリング曲として出ました アニメ「アイドルマスターシンデレラガールズ」のアニメPVにも使用されています ぼくはこのアニメPVでうわっめっちゃ良いやんってなりました

「アイドルマスター シンデレラガールズ」アニメPV - YouTube

ピアノがメインっぽいAメロとテンポゆっくりになるタメ要素のあるBメロからピチカートっぽい音入ってサビって展開がきれい すき 編曲が本当に良い

ラスサビでブレイク(一瞬の無音)が入るのがそこでまた意識が入ってすき 最後三拍子で終わるのも綺麗です

 

・ドラマチックLOVE / 一条シン (寺島惇太), 太刀花ユキノジョウ (斉藤壮馬), 香賀美タイガ (畠中祐), 十王院カケル (八代拓), 鷹梁ミナト (五十嵐雅), 西園寺レオ (永塚拓馬), 涼野ユウ (内田雄馬)

作詞 : 宮嶋順子 作曲 : Yu

ドラマチックLOVE

ドラマチックLOVE

  • 一条シン&太刀花ユキノジョウ&香賀美タイガ&十王院カケル&鷹梁ミナト&西園寺レオ&涼野ユウ(CV.寺島惇太&斉藤壮馬&畠中 祐&八代 拓&五十嵐 雅&永塚琢馬&内田雄馬)
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

作品 : KING OF PRISM by PrettyRhythm

収録 : 『劇場版 KING OF PRISM by PrettyRhythm Song & Soundtrack』

EDにこの曲が使われた『KING OF PRISM by PrettyRhythm (キンプリ)』は「応援上映(発声可能上映)」という作品上映中にペンライトの仕様が可能、がんばれ~!のようなな応援やライブシーンでFuー!などの掛け声を入れてもいい変わった上映方式が行われたのですが作内使用楽曲は盛り上がる曲・激しめの曲が多く、EDで少し落ち着いたこの曲が流れるとちょっとだけクールダウンする効果があったように思えます。ただこの曲もバラードとかゆっくりした雰囲気じゃなくって作内の曲とはまた別の盛り上がりをである曲であったりBメロでいわゆるPPPH入ってたりサビでウォーオオーオオーできるような構成になっていたりと聴かせるところもありまた作品に寄り添ってもいる曲になってて良さ

サビがよく聴くと主なメロディとハモりで歌ってる歌詞が違うところがあって歌詞の「君」「僕」の互いの関係を出してるのかなーとか

曲の設定で「ドラマチックLOVEの歌詞はそこの詩を書いたキャラクターが歌っている」というのがあって良い 香賀美タイガと十王院カケルが「ありがとうの代わりに好きって言わせて」って歌ってるの良さ(キンプリを観てください) 涼野ユウが「赤い糸をたどって探し出すから」って歌ってるのも良さ(プリティーリズム レインボーライブを観てください)

 

・純情エモーショナル / エルゼ (内田真礼), スゥシィ (山下七海), リンゼ (福緒唯), 八重 (赤﨑千夏), ユミナ (高野麻里佳),  リーン (上坂すみれ)

作詞 作曲 buzzG

純情エモーショナル

純情エモーショナル

  • provided courtesy of iTunes

作品 : 異世界はスマートフォンとともに。

収録 : 『異世界はスマートフォンとともに。 キャラクターソング vol. 1~3』(歌唱者違い6種)

編曲はやしきんさん。シンセの入れ方とかやしきんさんっぽい気がするしこれは編曲の仕事だったのかな

アニメ『異世界はスマートフォンとともに。』のED曲として使用されましたが作中でメインとなったヒロインキャラクターがEDの映像に登場、EDのメイン歌唱を行うという演出がなされました それぞれのヒロインが主人公に恋心を抱いている設定であったのでこういう演出で自分の気持ちを出すような曲である『純情エモーショナル』を歌わせたのはとても良かったと思います

縦ノリで曲が進むのですがBメロ前半でタメのような動きをしたあとBメロの後半で前のノリに戻ってサビに進んでいくのが加速する恋心っぽくてすき サビの「応えて純情エモーショナル」の音程すき 「応えて」なのもなんだかいいですね

作詞作曲のbuzzGさんの名前は日本アニメ(ーター)見本市『新世紀いんぱくつ。』で使われた「センチメンタルな予感 (歌唱 : 加隈亜衣)」という曲がやけにエモくてよく覚えてました ボカロ出身でぼくは詳しくないのですがその時から曲がエモいことでよく知られていたそうです (余談ですが日本アニメ(ーター)見本市のボーカルコレクションCDを買い逃したことを今でも後悔しています)

全員歌唱版の音源ってブルーレイ1巻特典かなーちょっとほしいなと思ってたけどBD第1巻店舗予約特典とは思わなかった 現在入手不可ですねこれ……つら

 

 

 


 

終わりだよ~

 

 

 

 

H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!

H-A-J-I-M-A-L-B-U-M-!!